国語の勉強をする時のポイントは、以下の通りになります。 ・読書をする ・漢字の勉強を怠らない ・古典は繭り返し読む ・長文読解力(質の低い文章を読んでいるとむしろ低下するといわれています)をつける 国語(作文や感想文などの宿題が出されて困ったことのある人も少なくないはずです)の勉強にオススメなのが読書です。 本を読む事で漢字やことわざの勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)にもなると思いますし、長文の読解力も身につきます。 受験のためにも、何か興味(人によって何にどのくらいというのは違うものです)がある本を毎日読むようにしてください。 それに、漢字の勉強を怠ってしまいがちかといって、漢字は暗記(声に出す、書く、反復するというのが確実な方法でしょうか)するだけで点数が取れるので、試験の中でも一番点数を稼ぎやすいです。 そのため、しっかりと試験に出そうな漢字を勉強しましょう。 そして、古典が苦手っていう方は多いと思いますが、そういった人は何度も読むことが重要です。 何度も何度も古典を読むと意味が分かってくるので、難しいことを考えずに、最初の段階のうちは読むことから始めてください。 また、長文の問題を苦手とやる方も多いですが、これを克服しますのでにも古典と同じく何度も読むことが大切です。 このように、国語の勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)は基本的に「読む」ということが重要になりますー